サウスパーク・アーカイブス Wiki
Advertisement


Help, My Teenager Hates Me! "Help, My Teenager Hates Me!" "Credigree Weed St. Patrick's Day Special" "未定" 未定
当Wiki利用の対象者は18歳以上です。
ご利用に際しては利用規約および初めてガイドブックカテゴリ内の記事を必ずご覧ください。
"Credigree Weed St. Patrick's Day Special"
2506 Towelie.jpg
話数 シーズン25
エピソード06
制作番号 2506
初放送日 2022年3月16日
エピソード時系列
前話 次話
"Help, My Teenager Hates Me!" "未定"
エピソード一覧

"Credigree Weed St. Patrick's Day Special"シーズン25の第6話、シリーズ通算で315話目にあたるサウスパークのエピソードである。2022年3月16日に放送された[1]

あらすじ

サウスパーク町民らがセントパトリックスデー[注 1]の意味を理解していないと知り、バターズは衝撃を受ける[1]

脚本

セントパトリックスデーの朝、テグリディ・ファームでは、シャロン・マーシュが息子スタンと娘シェリーに登校の準備をさせている。するとそこへ夫のランディがやってきて、子供たちを学校へ行かせたくないと主張する。
 ランディは自身の農場でセントパトリックスデーの特別商品を用意しており、その販売のために子供たちを手伝わせたかったのである。前年の収益を大きく上回ると、ランディはいたく自信を深めていた。
 一方ストッチ宅では、セントパトリックスデーのために全身を緑色の衣服で包んだバターズ ・ストッチが登校の準備をしている。セントパトリックスデーでは、子供たちにとって特有の決まりごとがある。祭事当日に緑色の着衣を身につけていない友人をつねるというものだ。
 セントパトリックスデーをとても楽しみにしていたバターズは、サウスパーク小学校に登校するとさっそく友人たちの格好を確認擦る。そしてケリー‐アン・バローという女子生徒へと狙いを定める。
 ケリー‐アンに近づいたバターズは、大喜びで彼女の臀部でんぶ付近をつねった。結果、バターズ は未成年への性的暴行容疑でパーク郡警察隊に逮捕される。事情を説明するバターズだったが警察は聞く耳を持たない。彼らの捜査により、女生徒のバローが実は緑色の靴下を履いていたことが明らかになったからだ。
 性犯罪者としての容疑がほとんど確定したバターズの前に、弁護を請け負った公設弁護人[注 2]の女性が現れる。しかしながらバターズが状況説明の合間に彼女の体をつねったため、弁護士はひどく取り乱してバターズの事件から退いた。ついに性犯罪者となり、留置所に送られたバターズは、セントパトリックスデーの一種象徴でもあるレプラコーン[注 3]に祈りを捧げる以外にない。

一方家族の手助けなしに大麻製品を販売しようとしていたランディは、向かいの農家に住むスティーヴ・ブラックが同じくセントパトリックスデーの特別商品を販売していると知る。それだけでなく、スティーヴは高い商才でもって多くの顧客を獲得していた。
 激怒したランディはすぐさまスティーヴに食ってかかる。彼によればセントパトリックスデーとは白人(※かつキリスト教徒)の祭日であり、黒人のスティーヴらブラック家がこの日を利用して商売をするのは「文化の盗用」にほかならない。この人種差別発言を皮切りに口論から殴り合いへと発展したため、スティーヴとランディは負傷して、結果ランディは暴行罪で留置所に送られる。
 騒動の後、スティーヴの元へファーティ・オクールと名乗る高齢の男性が近づく。彼はアイルランド系酒場を経営しており、大層な金持ちであった。それゆえブラック家の農場規模を勘違いしたまま、大量の大麻製品を発注する。
 他方、逮捕されたランディは、レプラコーンの仮装をしたままパーク郡警察署へと連行される。泥酔した大人たちと共に拘置所にいたバターズは、同じ房に収容されたランディを見た途端に本物のレプラコーンが現れたのだと思い込む。ひたすら拘置所でささげていた祈りが、セントパトリックスデーの起源となったかのパトリキウスに届いたのだとバターズは確信した。
 拘束されたランディの方は、弁護士に電話をすると警察官を説得して、その実息子のスタンへと連絡を取る。そして拘置所から脱走する手伝いをスタンに強要する。学校を抜け出して大麻製品を警察署に運び込むように命令されたスタンが反抗を示すと、ランディは言葉を用いて息子に虐待を働き、無理やりに約束を守らせた。
 スタンは大麻製品をケーキの中に忍ばせて[注 4]幼なじみと共に警察署へ向かう。息子たちの考えを汲みとれなかったランディは取り乱す。しばらくして彼らの意図にようやく気付いたランディだったが、その頃にはすでにスティーヴの大麻製品が警察署に届いており、脱走計画は失敗に終わる。

しかしながらその後、ランディは全く未知の能力でもってバターズとともに拘置所からの脱走に成功する。虹色の光で警察官を撃退したランディは、バターズを連れて逃走の末、ファーティ・オクールの酒場にたどり着く。そこにはスティーヴがおり、彼がランディの大麻製品と自身の農場製品を配合して商売をしている事実をランディは確認した。自身の製品が客を満足させていると知ってランディは喜ぶが、一方バターズは警察官に居場所を察知されており、待ち伏せを受けて再逮捕されそうになる。
 危機に瀕したバターズを救ったのは、突如その場に姿を現した聖人・パトリキウスであった。バターズが喜んだのもつかの間、パトリキウスはその場にいた客にセクシャル・ハラスメントを働き、のみならずセントパトリックスデーとは「酒を飲んで他人に迷惑行為を働く日」であると豪語する。パトリキウスの言動に不快感をあらわにした酒場の利用客は、怒ってその場から残らず出ていった。見限られたパトリキウスは、利用客とパーティに対して悪態をつく。
 翌日、ニュースチャンネルのKCBR5のキャスターは、セントパトリックスデーの中止と問題を起こした「性犯罪者」が5年間の社会奉仕を命じられたと報道する。でごみを拾い集めるという社会奉仕を強制される性犯罪者——バターズは、性犯罪を正当化する教会組織および聖職者に対する不満と猜疑心さいぎしんを見せながら、失意の表情でエピソードを締めくくった。

エピソードの連続性

  • ランディとの通話中に、スタンはトールキン(Tolkien)のつづり中にある"L"をことさらに強調して発音している。スタンの言動は、トールキンの名前がTokenではなくTolkenであると公式に発表されたエピソード"The Big Fix"が示唆されたものである。

関連エピソード

画像 題名 シーズン
S4E2-Thumbnail.png "Cartman's Silly Hate Crime 2000" シーズン4
邦題:塀の中の懲りない友情
カートマンはFBIから憎悪犯罪の疑いをかけられ、少年院に収監される。
S6E6-Thumbnail.png "Red Hot Catholic Love" シーズン6
邦題:カトリックとケツのおアツイ関係
聖職者の子供への性的虐待スキャンダルがここサウスパークでも問題になる。
Sp-2106-press-art-image-01.jpg "Sons A Witches" シーズン21
邦題:野郎どもの魔女集会
ハロウィーンには毎年、魔女の変装をして集まるのが父親たちの恒例行事だった。しかし本物の呪いが町に降りかかり、サウスパークの住民を恐怖に陥れる。
SPPR22E2.jpg "A Boy And A Priest" シーズン22
邦題:バターズと神父様
いじめられる神父とバターズは親密な関係になる。神父を失った住民たちは元気を失い、カトリック教会本部に相談する。
Sp-2305-news-episode-announcement v01.jpg "Tegridy Farms Halloween Special" シーズン23
邦題:大麻農場のハロウィーン
ランディは娘シェリーのマリファナ問題に頭を悩ませ、大麻について理解を深めようとさせる。バターズは家族と博物館を訪れ大はしゃぎする。
Sp-2306-news-episode-announcement v01.jpg "Season Finale" シーズン23
邦題:シーズン・フィナーレ
町長はランディが自家栽培大麻を爆破しメキシカン・ジョーカーに罪を擦り付けた証拠を発見し、ランディは身柄を拘束される。
SPSVS.jpg "South ParQ Vaccination Special" シーズン24
サウスパーク(※原語表記"South ParQ")はコロナウイルスのワクチンをめぐって混乱の渦中にあった。ワクチン接種に反対する抗議グループが、主人公たちにワクチンを受けさせようとする教師らの妨害をはかる。
PJPR.jpeg "Pajama Day" シーズン25
ギャリソン先生に敬意を払わなかった罰として、PC校長は4年生たちに通常登校を命じる。カートマンを含めた生徒たちは動揺と不満を見せるが、校長の決意は揺らがない。
TBFPI.jpg "The Big Fix" シーズン25
不理解が招く先の未来を想像して、スタンは思い悩む。
SPSWPR1.jpeg "South Park: The Streaming Wars" 短編映画
サウスパーク町を揺るがす一大事件が起こるなか、カートマンは母親のリアンと意地の張り合いを始める。
関連エピソード


Phone Destroyer関連カード

カード テーマ レア度 属性
Buttersmyscard.png

聖歌隊員バターズ
Mystical.png
Epic.png
MysticalEpicAssassin.png
遺志:リーダーに小量のエネルギーを与える。
Jimmyfancard.png

ル・バード・ジミー
Fantasy.png
Common.png
FantasyCommonFighter.png
突撃:敵全員の最大体力を減少させる。

脚注

出典

訳注

  1. INJ公式サイト
  2. "日本型公設弁護人事務所の呼称の由来". 桜丘法律事務所.
  3. "レプラコーン". Wikipedia.
  4. シーズン4のエピソード"Cartman's Silly Hate Crime 2000"で少年施設へと送還されたカートマンを脱走させるために、スタンカイルの2人は爪やすりをケーキの中に仕込んでカートマンの面会に訪れたことがある。
  2506: "Credigree Weed St. Patrick's Day Special"
エピソードの要素

テグリディ・ファームバターズ・ストッチパトリキウスファーティ・オクールのアイルランド系酒場本物へのこだわりクレディグリディ・ウィードランディ・マーシュ

ナビゲーション

一般トリビア画像台本補足情報視聴する

発行物

South Park: The Complete Twenty-Fifth Season


ホリディ・エピソード
クリスマス
"Mr. Hankey, the Christmas Poo" | "Merry Christmas Charlie Manson!" | "Mr. Hankey's Christmas Classics" | "A Very Crappy Christmas" | "Red Sleigh Down" | "It's Christmas in Canada" | "Woodland Critter Christmas" | "#HappyHolograms" | "Christmas Snow"
ハロウィーン
"Pinkeye" | "Spookyfish" | "Korn's Groovy Pirate Ghost Mystery" | "Hell on Earth 2006" | "A Nightmare on Face Time" | "Goth Kids 3: Dawn of the Posers" | "Sons A Witches" | "The Scoots" | "Tegridy Farms Halloween Special"
感謝祭
"Starvin' Marvin" | "Starvin' Marvin in Space" | "Helen Keller! The Musical" | "A History Channel Thanksgiving" | "Black Friday" | "A Song of Ass and Fire" | "Titties and Dragons"
復活祭
"Fantastic Easter Special" | "Jewpacabra"
その他
"Tom's Rhinoplasty" | "Credigree Weed St. Patrick's Day Special" | "Summer Sucks" | "Are You There God? It's Me, Jesus"
Advertisement