サウスパーク・アーカイブス Wiki
Advertisement


Bass to Mouth "Bass to Mouth/トリビア" "Broadway Bro Down/トリビア" "1%/トリビア" 1%

ここはトリビアを記載するページです。情報は全て事実に基づき、またその証明が可能でなければなりません。引用を必要とする内容にはできる限り確実な情報源を掲示するよう努めましょう。不確実と思われる引用元がある場合は記事内のコメントに書き込んでください。

トリビア

  • ブロードウェイにおいての演劇が話題に上ったのは、"Helen Keller! The Musical"に次いでエピソードが2度目である。
  • クレジットの「プロデューサー(producer)」項目、「楽曲担当(South Park songs)」等の項目においてロバート・ロペスの名前がトレイ・パーカーの横に併記されている。
  • 本作でランディ・マーシュシャロン・マーシュは初めて共通の趣味を持つことができたが、シャロンは純粋にミュージカルを楽しんでいた一方で、ランディは妻にフェラチオをさせたいという欲望ありきで舞台を鑑賞していた。
    • フェラチオが脚本において言及されたのは、本エピソードが"The Ring"を超えて最新作である。また音楽が性的欲望に利用されるのはこのエピソードに次いで2度目である。
  • シェリー・マーシュに彼氏ができたのは"Over Logging"以来であり、シリーズ上の描写にいて3度目である。
  • Broadway.com[注 1]のインタビューに答えたロバート・ロペスによると、シリーズの制作者であるトレイ・パーカーが最も気に入っている舞台は「ウィケッド(Wicked)」である[1]
  • せりふはないが、水泳の授業中にケニーがフードを外している。ケニーの髪型が描かれたのは"The Jeffersons"以来であり、また"Pee"の告知用画像にも同様に彼の素顔が描かれた。
  • 同水泳授業にはスティーブン・ストッチスティーヴ・ブラックが登場しているが、彼らの子供であるバターズ・ストッチトークン・ブラックの姿は確認できない。
  • シーズン15においてバターズが登場しなかったのは本エピソードのみである。
  • ラリー・フィーガンの父親は菜食主義者であり、彼は動物性タンパク質を摂取しなくとも健康上なんら問題はないと主張していた。しかし"Fun with Veal"のエピソードでは、肉を食べなければサウスパークの住人はオマン症候群を発症するという設定が公開されている。
  • 「フェラチオ("Blowjob")」という単語が発せられたのは総じて44回である。
  • 本エピソードではカイル・ブロフロフスキーが登場しない。

参照される大衆文化

  • ランディがスパイダーマンの仮装をしているが、これは短編ミュージカル劇場Spider-Man: Turn Off the Dark[注 2]を示唆したものである。
    • エピソードの終盤でランディがシェリーを慰める場面がある。その際に彼はスパイダーマンが「奇術じみた方法("mysterious ways")」で仕事をこなすと言っていたが、これはロックバンドU2で歌唱を務めるボノと、ギター演奏を担当するジ・エッジがスパイダーマンのミュージカル劇のために制作した楽曲名"Mysterious Ways"[注 3]に由来する。
  • ランディが脚本をしたミュージカル劇中に「ルインスキー("Lewinsky")」という言葉がオーラル・セックスの婉曲えんきょく表現として使用されているが、この単語はホワイトハウスのインターン生であったモニカ・ルインスキーの名字に由来する。彼女は1999年から2000年の任期を務めたアメリカ合衆国の元大統領ビル・クリントンと不倫関係にあったと報道された人物である。
  • シェリーの部屋にThe First Unicornと書かれたポスターが飾られているが、これは小説および映画The Last Unicornの題名に由来する。

    テレビジョンの上部に張り付けられているThe First Unicornのポスター

  • エピソードの終盤で、ミュージカル「ブック・オブ・モルモン」の告知動画が風刺の意図を持って挿入される。
  • シェリーとラリーがXbox[注 4]で遊んでいたゲームカタンは実在する[注 5]
  • The Woman In White(白衣の女)は、アンドルー・ロイド・ウェバーがミュージカル化した小説「白衣の女[注 6]」の題名と同じである。
  • スパイダーマンとなったランディがロープに足をとられてシャンデリアに宙づりとなる場面がある。これはアンドルー・ロイド・ウェバーが脚本を務めたミュージカル「オペラ座の怪人[注 7]」で、キャラクターでありオペラ座の舞台係長である「ジョセフ・ブケ」が、怪人によってシャンデリアにつるされて殺害された場面の模倣である。

    劇場で宙づりになったランディ

  • ランディとスティーヴン・ソンドハイムが決闘を行なったのちに打ち上げを催したフーターズ店内では、アメリカ合衆国のヒップホップグループ"Tag Team"[注 8]が作成した楽曲"Whoomp! (There It Is)"が流れている。
  • 本エピソードで風刺の対象となったミュージカル作品は以下による。
  • ランディが不法侵入をはたらいた服飾店クリーピー・シティには、コミックや映画、テレビに登場するさまざまな既存キャラクターが確認できる。

    陳列窓に並べられている既存キャラクターたち

  • コロラド州のフットボールチーム「デンバー・ブロンコス[注 40]」のクォーターバックであるティム・ティーボウが本エピソード中でたびたび言及されるが、その内容はとりわけマイアミ・ドルフィンズ戦で逆転勝利に導いた功績に焦点が当てられている。

制作上のミス

  • ラリーが救命浮環を地面に置く場面で、浮環に取り付けられていたはずの白いヒモが消失している。

    シェリーの足元に置かれた浮環から白いヒモが消えている。

  • シャロンランディはニューヨーク州のガーシュイン劇場でGodspellを鑑賞していたが、2003年以降に劇場で上演されていたのは「ウィケッド」のみである。

脚注

出典

訳注

  1. Broadway.com
  2. "Spider-Man: Turn Off the Dark". Wikipedia(英語版).
  3. ユニバーサル ミュージックジャパン公式サイト
  4. Xboxオフィシャルサイト
  5. "CATAN". 日本カタン協会.
  6. "白衣の女". Wikipedia.
  7. "オペラ座の怪人 (1986年のミュージカル)". Wikipedia.
  8. "Tag Team (group)". Wikipedia(英語版).
  9. "スウィーニー・トッド (ミュージカル)". Wikipedia.
  10. "Sunday in the Park with George". Wikipedia.
  11. "Merrily We Roll Along (musical)". Wikipedia.
  12. "ウエスト・サイド物語". Wikipedia.
  13. "レナード・バーンスタイン". Wikipedia.
  14. "キャッツ (ミュージカル)". Wikipedia.
  15. "ウィケッド". Wikipedia.
  16. "Godspell". Wikipedia(英語版).
  17. "レ・ミゼラブル (ミュージカル)". Wikipedia.
  18. "クロード=ミシェル・シェーンベルク". Wikipedia.
  19. "南太平洋". Wikipedia.
  20. "リチャード・ロジャース (作曲家)". Wikipedia.
  21. "オスカー・ハマースタイン2世". Wikipedia.
  22. "ジャージー・ボーイズ". Wikipedia.
  23. "ボブ・ゴーディオ". Wikipedia.
  24. "ボブ・クルー". Wikipedia.
  25. "エニシング・ゴーズ". Wikipedia.
  26. "コール・ポーター". Wikipedia.
  27. "Sutton Foster". Wikipedia(英語版).
  28. "マンマ・ミーア!". Wikipedia.
  29. "ベニー・アンデション". Wikipedia.
  30. "ビョルン・ウルヴァース". Wikipedia.
  31. "ABBA". Wikipedia.
  32. "シスター・アクト〜天使にラブ・ソングを〜". Wikipedia.
  33. "グリース (ミュージカル)". Wikipedia.
  34. "エリック・アイドル". Wikipedia.
  35. "ジョン・デュ・プレ". Wikipedia.
  36. "キュクロープス". Wikipedia.
  37. "シンバッド七回目の航海". Wikipedia.
  38. "ケアベア™". プラザ.
  39. "コンボイ (トランスフォーマー)". Wikipedia.
  40. "デンバー・ブロンコス". NFL公式サイト日本語版.
  1511: "Broadway Bro Down"
エピソードの要素

ウィケッドウィケッド(ウィキペディア)白衣の女ブック・オブ・モルモンブロードウェイ・ブラザーズラリー・フィーガンランディ・マーシュ • "Man Time" • "Put That Heart to Work" • "Out of My Shell" • "Whoomp! (There It Is)"

ナビゲーション

一般トリビア画像台本視聴する

発行物

South Park: The Complete Fifteenth Season

Advertisement