サウスパーク・アーカイブス Wiki
Advertisement

水道管理人(Water Commissioner)は、コロラド州の水道局で勤務する仲介業者である。短編映画South Park: The Streaming Warsで初登場した。

背景

コロラド州デンバー市郡の干ばつ問題を受けて、水道管理人は大麻農場での水利用者——主にテグリディ・ファームクレディグリディ・ウィードの農業経営者の調査に赴く。管理人に余剰分の水を供給することで利益が得られると知った両農業者(ランディ・マーシュスティーヴ・ブラック)は、デンバーに暮らす都会人らに供給サービスを開始する。
 その後、管理人から同様の助言を受けたタルニュア・カスラーは、サウスパーク町での新居建設中に新たな供給サービス「カスラー産業(Cussler Industries)」を始めるに至る。

エピソード終盤で、ピーピーマンベアピッグと共謀して山岳地方の水源を独占する目的を持っていたことが明らかとなる。しかしながら、自身のプール施設のためにのみ水を利用したがるピーピーの裏切りに遭い、最終的にはマンベアピッグからの暴行を受けて生死不明となった。

報道によると、管理人は2012年に「何者からか」20万ドルの賄賂わいろを受け取っていた疑いで告発されていた。

外見

服装は黄色のネクタイを締めた白いシャツに、茶色のスーツ、カーキ色の上着とズボン、帽子、焦茶色の靴である。大麻用の巻きタバコケースを所持しており、時おり喫煙する姿が描かれる。

トリビア

  • 水道管理人のキャラクターデザインは映画「チャイナタウン 」の主人公ジェイク・ギテスを模倣したものであり、また同映画への敬意が込められている。
Advertisement