サウスパーク・アーカイブス Wiki
Advertisement

こちらも参照のこと: リチャード(類似するタイトル)

リチャード・トゥイーク(Richard Tweak)はトゥイーク・トゥイークの父親である。"Gnomes"で初登場した。

背景

来歴

店に立つリチャード・トゥイーク

"Gnomes"での初登場時に、リチャードとその妻、ミセス・トゥイークはトゥイーク・コーヒー店を家族で経営しているという設定が公開された。当店は町で唯一のコーヒーショップだが、ハーバックススターバックスのパロディー)の店舗が進出してくるという話を聞くと、閉業に追い込まれるのではと危惧しはじめた。

その折りにリチャードは、息子のトゥイーク・トゥイーク主役たちがレポート課題に取り組んでいることを知る。少年たちはギャリソン先生が小学生の教員としてふさわしいと証明するために、町の評議員たちの前で昨今の時事を題材としたレポートを作成しなければならなかった。自身が所有する店の評判を守るために、リチャードは子供たちを利用しようと思い立つ。そしてリチャードは大企業がその他の小規模な企業をいかに苦境に立たせているのかという長いレポートを自ら書いて少年たちに渡した。レポートの発表はうまくいき、ハーバックスに対する町の印象は降下して、町民が企業のチェーン展開に反対する十分な理由を与えることに成功した。

一方で、私欲のために子供を利用する夫に、ミセス・トゥイークは不満を抱いていた。リチャードの行動に同意できなかった彼女は、この件について関わること一切を拒否する。その後少年たちがパンツの妖精に大企業の素晴らしさを教わったと意見を翻すと、彼女はその意見に賛同して、ハーバックスの町内進出を歓迎した。妻の意見が正しいと気付いたリチャードは、サウスパーク支店の経営を委任したいと申し出たハーバックス側と和解した。

2回目の登場回である"Tweek vs. Craig"で、リチャードはトゥイークに自身の高校時代を話して聞かせた。ミセス・トゥイークは男子生徒から非常に人気があったが、リチャードにしか関心がなかった。それゆえかリチャードは他の生徒からうらみを買い、フットボールチームの「クイーブ("Quib")」生徒に宣戦布告を言い渡された。しかしその後どうなったかをリチャードは一切口にせず、ただクイーブが引っ越しをしたことのみが明らかにされた。

上に次ぐ主要な登場回の1つに"South Park is Gay!"がある。このエピソードでは、現実のテレビ番組Queer Eye for the Straight Guyによって、異性愛者である男性の美意識が向上するという、メトロセクシャル概念の流行が起こった。町の女性たちは夫や息子たちの変化を最初は喜んでいたが、次第に違和感を抱くようになる。気が弱く思慮の浅い人間になってしまった彼らよりも、以前の方が良かったのだと女性たちは気付く。ニューヨークへと赴いた女性たちが番組の出演者たちを殺害すると、彼らはただの人間ではなくカニ人間であることが発覚した。

トゥイークコーヒー店は"201"で改装がなされていたが、メカ・ストライサンドによって店はまたも閉業の危機に見まわれていた。店外へと避難する一家と、店の心配をするリチャードの姿が描写されている。

サウスパークの家族

主役キャラクターの家族
カートマン家 | ブロフロフスキー家 | マーシュ家 | マコーミック家

その他の家族
PC家 | アダムス-マコースキー家 | アンダーソン/オドネル家 | ヴァルマー家 | ギャリソン家 | グレイ家 | グエーモ家 | コッツウォルズ家 | シャーロットの家 | スティーブンス家 | ストゥート家 | ストッチ家 | ストリーベル家 | ゼウィスキー家 | ソーン家 | ターナー家 | タッカー家 | ダニエルズ家 | テスタバーガー家 | テナーマン家 | トゥイーク家 | ドノヴァン家 | ニッツ家 | ネリーの家 | ネルソン家 | ハキーム家 | ハドラー家 | ハリソン家 | ハンキー家 | バーチ家 | バーブラディ家 | ビッグル家 | フィーガン家 | ブラック家 | ペッタスキー家 | ホワイト家 | マッケイ家 | マルキンソン家 | マッカーサー家 | マッケルロイ家 | マイケルの家 | メフィスト家 | ラーセン家 | ロドリゲス家 |

Advertisement