サウスパーク・アーカイブス Wiki
Advertisement
リアン・カートマン
画像


リアン・カートマン(Liane Cartman)はエリック・カートマンの母である。シリーズを通して数多くの出番があり、親であるキャラクターの中でもサウスパーク内で重要な役割を担う1人とみなされている。

背景

リアンは気立てがよく、少しばかり毒も備えた人物である。声質は柔らかい(が、シーズン4から7にかけてイライザ・シュナイダーが担当した時よりもかわいらしくなっている)。他人に対する情から行動を起こすことが多いが、特に息子に対してはその傾向が顕著である。"Damien"ではスタンとシェフに料理上手と評された。

(少なくとも初期のシーズンにおいて)リアンは息子のカートマンと同様に差別主義者であり、とりわけユダヤ教徒や黒人に対する差別的で政治的に不適格な発言を繰り返してきた、と見なされている。
 たとえばエピソード"Good Times with Weapons"では、リアンがカートマンにユダヤ教徒らがいかに卑劣なうそつきであるかを教えるために、映画「パッション[注 1]」の鑑賞に連れて行ったという話がある。しかしながらこれらの発言はすべてカートマンからの引用であり、リアンが差別発言をしたという直接の描写は存在しない。従って差別主義者であるというリアンの人物像はカートマンによって捏造ねつぞうされた可能性が高い。

差別主義者であるという人物像よりも、リアンは前述したように思いやりがあり、母性にあふれた人物であると見なす方が的確である。たとえば"Cartman's Mom is Still a Dirty Slut"においてヘベレケ納屋ダンスバーブラディ巡査にクッキーを渡した時のように、その場にふさわしいか否かにかかわらず、リアンは周囲に菓子(大抵はクッキーの山)を作って食べさせている。
 この他にも、自宅のソファ付近に飾られた家族写真では、ラシュモア山[注 2]を背景に映るカートマンとクッキーをいっぱいに載せた皿を手にするリアンの姿が確認できる。

また、リアンはパーティーを主催することが得意な人物としても知られている。

脚注

出典

訳注


カートマン家
アレクサンドラ・カートマン | エリック・カートマン | エルヴィン・カートマン | スティンキーおじさん | ハロルド・カートマン | ハワード・カートマン | ファットボブ | フラッフィ | フレッド・カートマン | フローレンス・カートマン | ミスター・キティ | メイベル・カートマン | リアン・カートマン | リサ・カートマン
Advertisement