サウスパーク・アーカイブス Wiki
Advertisement
マクダニエルズ町長
画像


マクダニエルズ町長(Mayor McDaniels)はサウスパークで町長を務めるキャラクターである。シーズン1のエピソード"Weight Gain 4000"で初登場して以降は定期的に登場して重要な役割を与えられている。

背景

制作者のトレイ・パーカーマット・ストーンは、マクダニエルズ町長を洗練された女性として描写したかったようだ。かつ、高位な職につく人間らしく権力を得ることに貪欲で、それゆえ自分本位な言動を取りがちなキャラクター設定も加えた。
 シーズン1のDVDに収録された"Weight Gain 4000"のコメンタリーにて上記の制作秘話が明かされている。そして2人の言葉通り、マクダニエルズ町長はエピソードを通して設定通りの人となりが描かれている。

このようにマクダニエルズ町長は私利私欲に走りがちな人物であるはずだが、"Die Hippie, Die"にて開催された音楽祭が自身の手に負えないほどに混沌こんとんとした様子を見た際には大きな動揺を見せた。彼女は「なんてことをしてしまったの("What have I done?")」と自身を責めながら拳銃を頭部に突きつけて自殺しようとした。しかし同エピソードでは頭に包帯を巻きながらも一命をとりとめている。
 その後のエピソードではまたも自己中心的な女性へと戻っていたが、それでも彼女は町の代表として重要な人物であり、サウスパーク町で問題が発生した場合や、町の長が必要になる重要な出来事が起こった際には町民らから頼りにされている。

外見

服装は青いジャケットに緑色のズボンである。金色の耳飾りを身につけており、髪の色はターコイズブルーである。唇はかなり薄い。

ビデオゲーム

South Park: Phone Destroyer

脚注

Advertisement