サウスパーク・アーカイブス Wiki
Advertisement

類似タイトル: ロバート(類似するタイトル)

ロバート・“ボブ”・ホワイト(Robert "Bob" White)はミセス・ホワイトの夫であり、ジェイソンクリスタル・ホワイトの父親である。夫婦ともにギャリソン大統領の熱烈な支持者であり、ホワイト家がサウスパークの住民からひどく軽んじられていると主張している。ロバートはシーズン21の最終エピソード"Splatty Tomato"で、ランディら多くの町民と対立するキャラクターとして初登場した。

背景

娘のクリスタルが大統領に追われる「悪夢」を見たと知って、ホワイト夫婦は学校へ苦情を申し立てに行った。学校が支持する政治観念を押しつけられたことが原因で、わが子が大統領を怖がるようになったと、PC校長ストロング・ウーマンに教育方針の改善を求めた。

外見

薄茶色の髪は側頭部に白髪が混じっており、加齢による薄毛が目立つ。唇の両端は妻と同じく下がっており、口周りにしわがある。Vネックの赤セーターの下には灰色のシャツを着ており、カーキ色のズボンと白い靴を履いている。

性格

ボブ・ホワイトは第45代アメリカ合衆国大統領ドナルド・トランプの支持者を風刺するために制作されたキャラクターである。子供が夢でうなされたと訴えたにもかかわらず、ボブはギャリソン大統領を熱烈に支持している。カナダ人の報復を恐れてギャリソンがサウスパークに身を隠したと知ると、彼は玄関先に食べ物を置いて、隠れながら飢えをしのぐギャリソンを助けようとした。
 強情でやや短気であり、ギャリソンの罪状を示す証拠を突きつけられてさえ、大統領の不正を信じようとしない。また町の住民がホワイト家に無関心であることを不満に思っており、時に攻撃的な行動に出る。

登場回

  • "Splatty Tomato" - 夫婦とは異なる政治思想を持つ学校教育が、子供の成育に悪影響を及ぼすとして、学校に苦情を申し立てる。
  • "Season Finale" - 息子のジェイソンが警察官の運転する車にひかれて死亡した後、移民局から引き取ったアレハンドロという子供を養子に迎える。のちに、勾留されたランディの釈放を求めるデモ活動を始める。
  • "Basic Cable" - 動画配信サービスの宣伝に出演する。番組名は「ホワイト家対ブラック家("Blacks vs Whites" )」
  • "Christmas Snow" - ホリデー・シーズン中の禁酒宣言が発令されて、クリスマスの精神を失う。しかしランディがクリスマス用に製造した大麻製品を発売したため、活力を取り戻す。
  • "The Pandemic Special" - マッケイ先生がホストを務めるPTAのZoom会議に出席する。
  • "South ParQ Vaccination Special" - チュータノンとともに主要な敵役として登場し、さまざまな問題を引き起こす。エピソードの終盤では何者かからデジタル処理を施されて、植物の生えた巨大な男性器に変身した。
端役(シーズン21)
Alexa | アダム・ボーク | ウィルソン・オブリー | 金正恩 | ギャリー・ボーコヴェック | クリスタル・ホワイト | ケリー・モリス | ゴーシュ医師 | ジム・ボブ | ジャスティン・トルドー | タッカー・レイ | チップ・ダンカン | ハンナ・ウィリアムズ | パーク郡裁判所の裁判官 | ピーター・ガルトマン | ビル・イエロー・ホーク | ヘザー・コンダクト | ヘンリー・クライン | ボブ・ホワイト | ポール・ライアン | マーカス・プレストン | マーク・ザッカーバーグ | マイク・ペンス | ミセス・ホワイト | ミッチ・マコーネル

関連項目: シーズン21 | 端役一覧(シーズン21)

Advertisement