サウスパーク・アーカイブス Wiki
Advertisement
バターズ・ストッチ
画像
別人格


レオポルド・“バターズ”・ストッチ(Leopold "Butters" Stotch)はサウスパーク小学校の4年生であり、シリーズの主要キャラクターである。シーズン6では一時的に出番のなくなったケニーの代替えキャラクターとなり、登場回数の増加とともにキャラクター設定が付加された。
 バターズはいわゆる純真無垢な子供であり、その性格ゆえにカートマンの格好な餌食となっているが、一方で2人が「親友」同士であるかのような描写も見受けられる(参照:エリック・カートマンとの関係性小見出し)。
 キャラクター設定の一部は、番組のアニメーション・ディレクター兼プロデューサーであるエリック・スタウの人柄が元となっている。

背景

バターズはシーズン初期のエピソードである"Cartman Gets an Anal Probe"で初登場したが、当初はエキストラであり、初めてせりふが与えられたのはシーズン2の"Roger Ebert Should Lay off the Fatty Foods"である。その後のエピソードや映画South Park: Bigger, Longer & Uncutでも登場の際にせりふを与えられている。

シーズン3からシーズン5にかけてもバターズは時おり登場するが、役割に若干の変化が見られる。"Two Guys Naked in a Hot Tub"では社会的弱者のように描かれていたが、"Hooked on Monkey Fonics"では生徒のいじめに加担していた。

シーズン5の最終エピソードにてサウスパークシリーズから一時退場したケニー・マコーミックの代わりに、スタン・マーシュカイル・ブロフロフスキー、エリック・カートマンの仲間に引き入れられる("Jared Has Aides")。
 バターズがグループの一員になったことを記念して、脚本家たちはバターズの人物像に焦点を当てたエピソード"Butters' Very Own Episode"を制作した。エピソード内ではバターズの父親両性愛者であったことや、その事実を知って正気を失った母親の姿などが描かれるが、終盤では結局何事もなかったかのように物語が完結する。

バターズはグループ内でやっかい者扱いをされている事実に気付いている。カイル、スタン、カートマンはバターズへの冷遇を隠そうとせず、彼がグループにどれだけ不適合な存在であるか繰り返し問いただしていたからである。とりわけカートマンはその傾向が強く、バターズをさいなむことに一種の喜びを見出しているようだ。"Jared Has Aides"ではバターズのふりをして両親に悪質な電話を掛け、勘違いをした親から懲罰を受けるバターズを見ては楽しんでいた。
 スタンたち3人はバターズにケニーと同じ格好をさせたり、「ケニー」もしくは「ケニーじゃないやつ(Not-Kenny)」と呼ぶなどして、友人の不在をなんとか埋め合わせしようとしていたようだ。

バターズはさらにあと4話分のエピソードに登場したが、うち2話はいじめられる以上に不当な扱いを受けている。"Freak Strike"の終盤で、バターズは集団暴行を受けそうになった(が、代わりにカートマンが標的になった)。そしてついに"Professor Chaos"で、バターズは仲間から外されている。理由は「ダサすぎる(too lame)から」というものであった。
 この出来事によりプロフェッサー・カオスという人格が誕生した。プロフェッサー・カオスはかつての友人グループや社会全体に対して復しゅうを誓うが、その報復内容はすべてアニメシリーズの「ザ・シンプソンズ」ですでに放送されていた。またカオスの行動に注目する人物は1人もいなかったのだが、彼は気付いていない。バターズはもう1つの人格をスタンに明かしたことがあったが、スタンはバターズがゲイであると勘違いをしただけだった。

グループからは外されたバターズだが、それでも主役3人の親しい友人として以降のエピソードに登場しつづけた。一方、シリーズに再登場したケニーは出番が減りつづけた。
 主役たちからの扱いはまるで改善しなかったが、バターズは友人として彼らに尽くしつづけた。そのようにしていればいつか相手に受け入れてもらえる、という希望があったのかもしれない。シーズンが新しくなるにつれて友人関係に変化が見られるので、ある意味でバターズの行動は正しかったと言える。
 例えば"Tsst"のエピソード内でスタン、カイル、ケニーは、カートマンと行動するよりもよほど仲が良さそうにバターズと遊ぶ様子が描かれている。同様に"Casa Bonita"で、カイルはカートマンの代わりにバターズを自身の誕生日パーティーに招待しており、カイルがカートマンよりもバターズを好いていることは明白である。カイルはカートマンの非道な上に加虐的で自分勝手な性格や、ユダヤ人に対して持っている偏見などを毛嫌いしているため、彼の行動はむしろ当然の結果である。

上に述べたような経緯があるにもかかわらず、バターズは時おりカートマンの相棒のような役割を担うことがある(参照:関係性:エリック・カートマン)。
 カートマンはバターズの親切心と扱いやすさに目をつけて、自身のたくらみを実行するためにバターズを利用する。バターズはカートマンに裏切られ、虐げられることがあるが、それでも無条件でカートマンに付き従っている。
 しかしそれとは対照的に、"AWESOM-O"にてブリトニー・スピアーズの格好をして踊るカートマンの姿をバターズがビデオにとり、サウスパーク小学校の生徒たちと鑑賞してカートマンをからかいの対象とするというエピソードも存在する。

バターズはメキシコ合衆国では名の知れた人物である。"The Last of the Meheecans"でカートマンの家を目指していたところ迷子になり、バターズは車にひかれかける。その際の「亡命先」がバターズをメキシコ人と勘違いしたカップル2人の家だった。彼らはバターズを「モンテキーヤ(スペイン語でバターの意)」と名付け、使用人として雇い入れる。
 その後、バターズはエル・ポロ・ロコレストランに置き去りにされたが、メキシコ人の従業員を伴ってメキシコに入国する。結果としてバターズはメキシコ人にとって愛国心の象徴となった。裸でメキシコ人たちの前に現れた際、腕を上げるごとにメキシコ人たちが歓声にわくのを目の当たりにしたことにより、バターズは彼らの忠誠心を理解する。
 カートマンによって亡命者に仕立て上げられたバターズだったが、アメリカ合衆国の国境警備隊はバターズの入国を許し、バターズは晴れてテキサス人対メキシコ人のゲームに勝利した。功績は友人たちにも知られるところとなり、おまけに2週間以上も家を出ていたことについて両親からとがめられることはなかった。

未来

短編映画South Park: Post Covid: The Return of Covidが描く未来では、コロナウイルスのまん延が沈静化しつつあるにもかかわらず、バターズは16年もの間、外出禁止となっていた。自室から出られなかった長期間、バターズは非代替性トークン(NFT)[注 1]に興味を持ち、インターネットを用いて世間一般に普及させる要因を作りだす。
 バターズの商法は、いわく「言葉にできない(unspeakable)」ほど特異で、「多くの人間から多額の資産を搾取した(destroyed many lives)」ため、彼は社会的被害を抑止するために精神病棟へと収容される。以降、バターズは自らを「ヴィクター・カオス(Victor Chaos)」と名乗り、バターズ・ストッチであった人生を無意識下になげうった。

スタンとカイルが精神病棟へ面会に訪れたことをきっかけに、バターズは病棟から逃走を図り、再びNFTで人々の資産の搾取を始める。
 バターズが自由の身となったと知るや、カートマンはスタンたちのタイムトラベル計画を妨害するためにバターズとすぐに協力関係を結んだ。バターズの商法により、タイムトラベル計画に協力的であった仲間たちは全ての資産と研究資料を手放す。

しかしながら、最終的にはカートマンが妨害を中止し、さらにスタンとカイルが仲直りをしたため、エピソード中に予測される最悪の結果は免れた。そのため、バターズがデニーズ・アップルビーズ・マックスで働く接客係となったように、各キャラクターの人生も変化した。

外見

頭頂部の明るいブロンドが特徴的である。服装はターコイズブルーの上着に濃い緑色のズボンである。ただし"Safe Space"で自殺を図って以降は、シーズン19のみ頸椎けいついカラー[注 2]を装着している。

短編映画South Park: Post Covid: The Return of Covidで成人となって登場した際は、紺色のスーツの下にターコイズブルーのドレスシャツ、茶色の靴を身につけており、青いレンズ付きのサングラスを額に掛けている。

関係性

Facebookでバターズのページが公式に作成される。そこで掲載されたプロフィル画像は、エピソード"You Have 0 Friends"でも背景として使用された。

"Jared Has Aides"で主役たちの仲間入りをしたバターズだが、スタンたちからあまり好かれなかったためにグループから追い出される。バターズが抜けた後のスタン、カイル、カートマンは、死亡したケニーの代わりを演じる当面の補欠要員として次にトゥイーク・トゥイークをメンバーとした。
 上記の経緯から、バターズは主役たちともともと深い親交がなかったと分かる。"Two Guys Naked in a Hot Tub"と"Professor Chaos"のエピソードで描かれたように、バターズの親しい友人と言えるのは同級生のピップ・ピリップや元2年生のダギー・オコンネルであった。
 主役たち3人(スタン、カイル、カートマン)は、バターズにしばしば不名誉なあだ名をつけて呼ぶ。たとえば「弱虫(wuss)」、「ダサい(lame)」など単に相手の性格をからかうだけでなく、さらに意味を拡張させて「オカマ坊や(a little pussy)」、「生白いもやしホモ(gaywad)」など事実とは異なる形容をもってバターズの名誉を傷つけた。さらに、全ての行ないをまるでバターズに非があるかのように難癖をつけたり、策をめぐらせてバターズに外出禁止令が下される状況へと追い込むことすらしている。
 しかしながら、それにもかかわらずバターズはカートマンらを「友人」であると認識しているようである。一方で共に過ごしてきた時間を計上すれば、主役たちの認識とは異なり、バターズは事実上最も主役たちと交流の深い友人であると言える。
 バターズの女性関係が初めて言及されたのは"Toilet Paper"である。当エピソードでバターズはミシガン州に彼女がいると言っていたが、実際にキャラクターとして彼女が登場することはなかった。さらに"Raisins"では、男子生徒を接待するレーズンズという飲食店の女性従業員レクサス・マーティンに夢中となる。レクサスはあくまで接客業をこなしているに過ぎなかったのだが、バターズは彼女と恋人関係になったと思い込み、激しい恋愛妄想[注 3]を抱く。レクサス自身によって妄想を破壊された後、バターズはひどくふさぎこんでいたが、それでも本エピソード中に悲しみを乗り越えている。
 主役たちは長らく不当な扱いを受けていたバターズであったが、"Fatbeard"においていまだにバターズをいじめの対象としているのは唯一カートマンだけであると明かされる。スタンやカイルはバターズをすでに友人の1人として人格を尊重している。特にカイルは"Butters' Bottom Bitch"で売春のあっ専業を始めたバターズの変わりようを非常に心配しており、彼に対してかなり心を砕いて接する様子がうかがわれた。

エリック・カートマン

カートマンから最も苛烈な扱いを受けているのはバターズである。カートマンにとって彼は最高のいたぶり相手であると同時に、行動を共にする価値を持ち合わせた「親友」であるようだ。
 バターズが非常に人心操作をされやすい性格であるためか、最も「労力を掛けず思い通りに動かせる相手」という利点をカートマンは彼に見出したようである。そのためバターズは、カートマンの立場次第で責任転嫁の対象とされたり、冤罪えんざいをこうむったり、無慈悲な対応を受けるなど頻繁に虐げられている。
 バターズが純粋で世間を知らず、裏表のない性格であるがゆえにカートマンは彼を思い通りに動かせるのだが、それにもかかわらずカートマンは自身の能力を過信しており、バターズを"gay"(※本来の『同性愛者』という意味からはかけ離れた使い方をされており、明らかに他者をおとしめる意図を持って呼称される)と呼ぶなどして、自分自身よりも劣った人間であることを強調する。
 このような扱いを受けつづけていてもバターズはなおもカートマンを友人とみなしており、彼に対して憎悪の感情をぶつけることも、反抗を示すことすらもめったにない。

"Douche and Turd"で、カートマンは自らが考案したキャラクター「クソサンドイッチ」を、学校のマスコットにするために投票操作を試みる。バターズはカートマンの説得にやすやすと操られてクソサンドイッチに投票した。
 "Go God Go"では、ゲーム機の発売を待ちきれなかったカートマンが、バターズを説得して雪山に自らを埋めさせて、3週間後の発売日に解凍するように言いつける。あくまでカートマンの指示通りに実行しただけであるが、図らずもバターズは過去にカートマンから受けた苛烈な扱いに対する報復を遂げた。
 "The Death of Eric Cartman"では、過去の言動を反省したカートマンが関係者全員へ謝罪をすると決める。バターズはカートマンが謝罪に回る付き添いを始終しており、カートマンを精神的に支援する。カートマンが今までバターズに与えた苦痛を深刻に内省して謝罪すると、バターズは少しの迷いもなく謝罪を受け入れた。

シリーズ上における大半のエピソードでは、カートマンがバターズをからかい、虐げる場面が描かれている。"Jared Has Aides"で、カートマンはバターズを装って彼の両親にいたずら電話を掛け、帰宅した両親からバターズが叱責しっせきと虐待を受けるように画策する。

"Casa Bonita"でカートマンは、お気に入りの店に行きたいという理由でバターズを騙し、核シェルターへと閉じ込める。しかし結局は悪事が判明したため、カートマンは少年施設への収監を言い渡される。
 "AWESOM-O"では、ロボットの仮装をしてバターズを騙し、ロボットと友達になったと信じ込むバターズを陰で笑うという陰湿ないたずらを仕掛ける。しかし最終的にはバターズに正体をさらした上に、ブリトニー・スピアーズの仮装をしてジャスティン・ティンバーレイクの等身大パネル[注 4]と求愛ダンスをする映像をさらされる。カートマンの恥ずべき映像を撮影した本人であるバターズは、これにより日頃の恨みを晴らしたと言える。

同様に、"Christian Rock Hard"でもバターズはカートマンに報復を遂げた。クリスチャン・ロックバンド[注 5]の一員でありながら観客の前でイエス・キリストを罵倒する言葉を叫んだカートマンは、それまでの活動で築いた業績を台無しにする。観客に見放されてその場にくずおれたカートマンに向けて、バターズは慰めの言葉でなく、屁を引っ掛けた上に中指を立てた。
 "The List"で女生徒が作成した「男子生徒の魅力度ランキング」では、カートマンがクラスで最も魅力に欠ける生徒であることが確定している。削除シーンでは、バターズがカートマンの容姿をからかい、彼の新ナチ主義思想をあざ笑う場面が描かれた。
 "Pee"では、カートマンに向けてバターズが「びっくり。生きてたんだ("Aw, you lived?")」と皮肉を言うが、これは"The Death of Eric Cartman"との明確なつながりを描いた場面である。当エピソードではカートマンに嫌気が差したスタンやカイル、クレイグ一味らがサウスパーク小学校で会議を開き、生涯カートマンを無視すると決めた。しかしその会議から除かれていたバターズ(※当然ながらカートマン本人も)は、カートマンが死亡したものとすっかり思い込んでいた。

"Cartman Sucks"では、夜な夜なバターズを自宅に招き、寝ているバターズの口元にのフンを塗って口ひげを描き、その珍妙な顔を眺め回すといういたずらを仕掛ける。しかし、いたずらが高じたカートマンは、バターズの性器を口に含んだ写真を撮り、さらにはその写真を(※誤って)教室じゅうにさらして恥を上塗りすることとなった。
"Breast Cancer Show Ever"では、ウェンディと決闘をして惨敗したカートマンに向けて、学校じゅうの生徒がカートマンを嫌っているとクレイグが主張する。決闘を見る前のバターズはカートマンの味方をしていたはずだが、この時はクレイグの意見に賛同を示している。もともとはウェンディを敵視していたバターズだったが、決闘の直前までに「エリックがウェンディ(※女生徒)に腕力で負けて醜態しゅうたいをさらす場面をどうしても見たい("I wanna see Eric kick the crap out of her.")」と発言するほどに心変わりしたためである。
 ただしバターズの反抗心はすぐに消え失せており、"The China Probrem"ではまたもカートマンの味方に戻るのみならず、彼の相棒を務めた。

一方"Eat, Pray, Queef"では、女生徒からちつ内の空気を浴びせられたバターズに、他の男子生徒と同じくカートマンが同情を示す。被害を受けたバターズへの接近は拒否したカートマンだが、代わりにバターズを被害者代表に選出した上で、州をあげて膣からの放屁ほうひを禁止する法案を通すべく抗議活動を開始する。
 しかし"Butters' Bottom Bitch"では、女生徒とキスをしたことがないと(※正直に)告白したバターズを学校の遊具[注 6]にくくりつけ、クレイグとともに懲罰を楽しんでいた。

"The Last of the Meheecans"では、バターズの写真を重要指名手配被疑者として全国に公開した上で、アメリカ国境警備隊にバターズを射殺させようとする。それだけでなくカートマンは自身も警備隊の一員となり、失敗したものの執拗しつようにバターズを追跡して自ら手を下そうとやっきになった。
 バターズがカートマンを拒絶する場面はめったにないが、"Going Native"ではカートマンの発言にいよいよ我慢がならず罵倒する姿が描かれており、"Skank Hunt"ではカートマンをスカンクハント42であると断定した上でカイル、スタン、クレイグ一味らと手を組み、彼が所有の電子機器を全て破壊した。

シャーロット

WhereMyCountryGone067.png

バターズがシャーロットと出会ったのは、シーズン19のエピソード"Where My Country Gone?"である。国境をめぐる問題でカナダ人アメリカ人との関係に亀裂が生じると危惧きぐした男子生徒たちは、カナダ人の女生徒とアメリカ人の男子生徒が性交(Hot Cosby[注 7])によって結ばれれば和平関係が保たれると考えた。そこで男子生徒の代表として選抜された(※実際はゲームの敗者となって役目を負わされた)のがバターズである。
 望まない関係を強制されたバターズは乗り気でなかったものの、シャーロットと交流を深めるうちに彼女に好意を抱くようになった。そして互いに気持ちを確かめ合った2人は恋人同士になり、急がず恋愛関係を徐々に発展させていくことで絆を深めていくと決める。
 その後、の都合によりカナダへと帰ることになったシャーロットだが、別れ際に「に着いたら連絡をするね、ダーリン!(I'll Skype you when I'm home, my love!)[注 8]」と告げていたことから、"Where My Country Gone?"以降も2人の恋愛関係が継続していくことが示唆されている。

"Tweek x Craig"では、"Where My Country Gone?"でシャーロットが告げた通り、Skypeアプリ[注 9]を使って通話をする2人の姿が確認できる。さらに"PC Principal Final Justice"でもバターズはSkypeアプリで彼女に電話を掛けており、"baby"や"honey"という愛称で呼び掛けていた。
 しかしながら、バターズとシャーロットの恋愛関係は"Wieners Out"にて突如終わりを迎える。男女の性差をめぐる問題がぼっ発したために、2人はこの騒動に巻き込まれる。女性側の主張に同意を示したシャーロットは突如バターズとの連絡継続を打ち切った。

ビデオゲーム

South Park: Phone Destroyer

非登場回

関連項目

脚注

出典

  1. "AWESOM-O"にて誕生日の言及有り。
  2. ""South Park" Two Guys Naked in a Hot Tub (TV episode 1999)". IMDb.com.

訳注

  1. "非代替性トークン". Wikipedia.
  2. "骨折に対する外固定法について". 一般社団法人 日本骨折治療学会.
  3. "妄想性障害". JR奈良駅前こころのクリニック.
  4. "等身大パネルとは". ポスターパネルの達人.
  5. "クリスチャン・ロック". Wikipedia.
  6. "Tetherball" (言語:en). Wikipedia.
  7. シーズン19の第1話"Stunning and Brave"にて言及された流行語であり、本来は婦女暴行を意図して「ホット・コスビー(Hot Cosby)」と呼ばれた。なお、このコスビーとは、婦女暴行の罪で起訴されたコメディアンのビル・コスビーに由来する。
  8. Where My Country Gone?/台本内のせりふから引用
  9. "Skype". Microsoft.
Advertisement