サウスパーク・アーカイブス Wiki
Advertisement
ハイディ・ターナー
画像
別人格


テレビ番組"Simply Heidi"も参照のこと。

ハイディ・ターナー(Heidi Turner)は、サウスパーク小学校に通う生徒であり、4年生の中では出番の多いキャラクターに分類される。付き合いのキャラクターは、ウェンディベーベレッドニコールアニーネリージェニーローラなどの女生徒らである。
 "Marjorine"では女生徒らとの寝泊まり会を自宅で主催しており、上記の女生徒たちとの付き合いが深いことが描写されている。
 異なる両親が描かれる事例が4度あることや、シーズン20シーズン21でのみ主要な女性キャラクターとして描かれるなど、キャラクター設定と登場重要度は変動が非常に激しい。

背景

キャラクター設定の変動

シーズン3で初登場以降、ハイディはサウスパークシリーズ内で多数の登場回数を持つが、その多くがエキストラとしての役割であった。その他大勢のエキストラと同様に、彼女は群衆を構成するキャラクターの1人としての役割を担い、また複製キャラクターが多く制作される。

"Member Berries"でバレーボールの学校試合に出場したハイディおよび女生徒たちは、国歌斉唱中に床へ座り込むという抗議活動を行なった。この活動はインターネット上で迷惑行為を行なう人間"Skankhunt42"が男子生徒のカートマンだと思い込んでいたためである。バレーボールの試合後、他の女生徒ら(ウェンディ、ニコール、ミーガン)とともに校長室へと呼びだされた彼女は、PC校長にカートマンのスマートフォンを調べて素性を明らかにするよう要求している。

South Park: Phone Destroyer

新入りがアメリカ先住民族の衣装を手に入れた後で、ハイディは彼/彼女に着用するようメッセージを送信しており、ゲームにおける着せ替え機能の案内役を担う。

脚注

  1. "Jessica Makinson". IMDb.com.
Advertisement