サウスパーク・アーカイブス Wiki
Advertisement

ダイアン・チョークソンディク(Diane Choksondik)は、シーズン4のエピソード"Fourth Grade"で初登場した元教職員である。彼女の名前は"chokes on dick"(ペニスを喉に詰まらせる)の言葉遊びである。"The Simpsons Already Did It"のエピソードで死亡(その前話で彼女の死はすでに予告されていた)するまでは、サウスパーク小学校4年生の担当教諭だった。

背景

"Fourth Grade"で4年生に進級した生徒たちの担当教諭となったのがチョークソンディク先生である。主役とクラスメートたちは自身の優位性を誇示するために、新任の教師である彼女の目の前で一斉に尻をむき出しにするといういたずらを計画する。しかし実行に移したのはエリック・カートマンだけであり、計画は失敗に終わった。

チョークソンディク先生の外見は生徒だけでなく教職員も忌避するほどであったが、一方で彼女自身もサウスパーク小学校で教師を続けることに堪えかねていた。そこで元担当教諭であるギャリソン先生との対面を所望したのだが、同性愛者である自分自身の性的指向を受け入れられなかったギャリソンは山中で隠遁いんとん生活を送っており、彼の居所を知る者はいなかった。

それにもかかわらず、チョークソンディク先生はギャリソンを探し出し、子供たちとの付き合い方に関しての助言を受ける。彼女との交流を通して、ギャリソンも自身の性的指向を認めるに至る。
 学校へと戻ったチョークソンディク先生は、生徒たちからの罵倒をあえて受け入れることで彼らから教師として認められる。「現実を受け入れることが大切」と説くチョークソンディク先生の言葉に、生徒たちは感銘を受けた。

チョークソンディク先生死亡後の2週間は授業がなくなり、また代理教師としてマッケイ先生が短期間のみ4年生を指導していた。
 なお、"Fourth Grade"で同性愛者を理由に復職を拒否されたギャリソンは"The Death Camp of Tolerance"でついに4年生の担当教諭へと戻ったのだが、シーズン19の"Where My Country Gone?"でまたも解雇されている。

外見

公式サイトに掲載されたチョークソンディク先生の画像

彼女は奇抜な容姿を持つキャラクターとしてかなりよく知られている。体形は肥満型であり、巨大な乳房は床付近まで垂れ下がっている。斜視であり、彼女がせりふを発する間は右の瞳孔が下降もしくは不規則に動く。またブラジャー[注 1]を着用していないため、彼女が腕を上げるたびに着衣が上がり、裾から乳首が露出する。大きな眼鏡を掛けており、高校生の頃はこの眼鏡を理由に生徒たちにからかわれていた。

登場回

  • "Fourth Grade" - 初登場。4年生に進級した主役たちの担当教諭となる。
  • "Fat Camp" - 実験動物と勘違いをして子供たちにマナティを解剖させる。
  • "The Wacky Molestation Adventure" - 警察に連行される大人たちの1人として登場する。
  • "A Very Crappy Christmas" - エピソード終盤で群衆の中に登場。せりふを発する。
  • "It Hits the Fan" - Sワードの適切な使用方法を子供たちに指導する。
  • "Terrance and Phillip: Behind the Blow" - 子供たちにアースディ[注 2]の過ごし方を指導する。
  • "Proper Condom Use" - マッケイ先生と性行為に及ぶ。
  • "Osama bin Laden Has Farty Pants" - 米ドル紙幣をアフガニスタン・イスラム共和国へ送るように指導する。
  • "How to Eat with Your Butt" - おかしな格好で写真にうつったバターズをしかりつける。
  • "The Entity" - カイルいとこを教室に歓迎する。
  • "Here Comes the Neighborhood" - 学校課題に評価をつける。
  • "Kenny Dies" - カイルとスタンに校長室へ行くよう伝える。
  • "Jared Has Aides" - ジャレド・フォーグルの公開処刑を町民とともに見学に訪れる。
  • "Fun with Veal" - 生徒たちを牧場の見学に連れていく。
  • "Professor Chaos" - バターズが黒板消しを隠す。
  • "The Simpsons Already Did It" - 実質の最終登場回。死因は不明。胃の中からマッケイ先生の精液が検出されたが、死因と直接の関連はない。そのため主役たちは、彼女の飲用していたコーヒーにシーピープル(アルテミア[注 3])を混入させたことが彼女の死に至らしめたのだと勘違いする。
  • "Bebe's Boobs Destroy Society" - 彼女の死について言及される。
  • "The Death Camp of Tolerance" (言及のみ)
  • "Cartman's Incredible Gift" - ニュース番組のロゴとともに写真が登場する。

脚注

出典

訳注

  1. "ブラジャー". Wikipedia.
  2. "アースデイ祭り". Wikipedia.
  3. "アルテミア". Wikipedia.
Advertisement