サウスパーク・アーカイブス Wiki
Advertisement

ソドソパ忍者(SoDoSoPa Ninjas)は主役たちにより結成された忍者集団であり、シーズン19のエピソード"Naughty Ninjas"に登場する。

ジミーによれば、ソドソパ忍者は1つの信念に基づいて集団を結成した。彼らは自己を超越する偉大なる存在に信奉をささげている。戦士にふさわしい厳格なる行動理念を共有することで一致団結し、いかなる敵にも打ち勝つ強大な力を手に入れた。

背景

ソドソパに増加する路上生活者を追い払うために、ケニートールキンが組んで忍者クラブを結成する。のちにクライドダビードが加わると、4人は体術を身につけるために修行の場としてソドソパ内に基地を作った。少年たちは忍者の黒装束を身につけて、顔を黒い布で覆っている。加えて基地には白字で日本語[注 1][注 2][注 3]が書かれた黒色の垂れ幕を下げていたが、この様相が過激派集団ISISと酷似していたため、住民から誤解を受けることとなった。周囲の大人たちがおびえて逃亡する様子を見て、少年たちは忍者というヒーローに彼ら大人たちが恐れをなして逃げだしたものと誤認識をする。

ソドソパに集まる侵入者たちを一掃するために、少年たちは基地内に稚拙なワナや障害物、移動用のロープなどの設備強化に努めた。壁には手裏剣の投擲とうてき用に的が複数用意されており、棒ややりが刺さった鍛錬用の人形も置かれていた。
 友人たちのごっこ遊びを見たカートマンバターズはすぐさまスタンカイルの元へ知らせに駆けつける。カートマンは忍者ごっこをするケニーとトールキンを「あほらしい遊びに熱中する間抜け("ninjas are gay.")」と小ばかにしていたが、ISISと誤解して逃げ惑う大人たちを見るや、主役たちはこぞって忍者になりたがった。

バーブラディ巡査によってダビードが銃撃を受けた後、ようやく子供たちの遊びの意図が大人たちにも伝わる。子供たちがイスラム国の少年兵ではなく忍者だと分かると、町議会は意見を翻して、路上生活者を排除することを条件付きで暴力的なふるまいに目をつぶることにした。住民によって抑圧されていた警察組織が復活すると、同時にソドソパ忍者も解散したものと思われる。なぜなら彼ら忍者の目的は路上生活者をソドソパから追いだすことであり、おまけに忍者はやはり「あほらしい("ninjas are gay")」と気付いたからである。

外見

ソドソパ忍者は一般的に知られる黒装束を身につけており、腕には階級を示す腕章を巻いている。それでもキャラクター個人を判別することは比較的容易であり、特にカイルはバットマンと類似した格好をしている。なお負傷中のバターズ[注 4]は、衣装の上から頸椎けいついカラー[注 5]で頭部を固定している。

構成員

最大人数時の構成員は、トールキン、ケニー、ダビード、クライド、スタン、カイル、カートマン、バターズ、ジミーである。当初はティミーも忍者の一員に含まれていたが、のちに除外されている。

脚注

訳注

  1. くずし字か神代文字の一種と思われるが、忍者が栄えていた南北朝時代から江戸時代にかけて使用されていたかは不明。
  2. "くずし字って何?". 国文学研究資料館.
  3. "神代文字". ジャパンナレッジ.
  4. s19e5"Safe Space"を参照のこと。
  5. "骨折に対する外固定法について". 一般社団法人 日本骨折治療学会.
端役(シーズン19)
200人のメキシコ人妊婦 | PCブラザーズ | Yelpの投稿者たち | アジア人の女生徒たち | ヴィン・ディーゼル | ウェザース | カナダの壁の警備員 | カナダの大統領 | クラッシ | 現実 | シャーロット | シャーロットの兄弟 | シャーロットの姉妹 | シャーロットの祖母 | シャーロットの母 | シリア難民の子供 | ジジ・ハディッド | ジミー・ファロン | スティーヴン・セガール | ソドソパ忍者 | タマスジナメタロウ先生 | ダビード・ロドリゲス | デミ・ロヴァート | トーマス(シャーロットの父) | ニュースメン | ピンクの上着を着た少女 | ブライアン・ボイアント | ホールフーズ・マーケットの代表 | ホールフーズ・マーケットの店員 | レズリー・マイヤーズ

関連項目: シーズン19 | 端役一覧(シーズン19)

Advertisement