サウスパーク・アーカイブス Wiki
Advertisement
スコット・マルキンソン
画像


類似タイトル一覧: スコット(類似するタイトル)

スコット・マルキンソン(Scott Malkinson)は"Elementary School Musical"にて初登場する。舌足らずな口調で話し、糖尿病をわずらっていることをエリックにからかわれる。スタンウェンディブライデン・グエーモとの仲が親密になることを恐れるあまりにミュージカルダンスを練習しはじめた時は、代わりにスコットが主役たちのメンバーとなった。

背景

初登場以降、スコットはエキストラとしてたびたび起用されている。"Butters' Bottom Bitch"でバターズがキス・カンパニーという売春企業を立ち上げたエピソードや、"Dances with Smurfs"でカートマンが執筆した本を売るシーンでも姿を確認できる。

ブラックフライデーの3部作中では、カートマン家の裏庭で木製の剣を磨いているシーンが描かれた。この武器はのちに"A Song of Ass and Fire"でバターズ・ストッチと決闘する際にスコット自ら使用している。その中でも彼がもっとも活躍したのは、ドラゴンが襲来する際に何が起きるかを調査するために、ジョージ・R・R・マーティンの自宅を訪れるシーンである。

"Going Native"で、スコットはバターズ・ストッチに打ち負かされたと言及される。 また"Gluten Free Ebola"の回ではグルテン摂取を避けるため、スコットはいけにえにされた。

"Skank Hunt"のサブプロットでは、周りの無関心さを理由にツイッターをやめるとしつこく騒ぎ立てて、マッケイ先生を悩ませた。

犯罪歴

外見

スコットはかなり暗い緑色の襟付きジャケットを着ている。下半身は青緑色のズボンか、水色のジーンズを履いている。顔にはそばかすがあり、大抵は舌が口からはみ出ている。頭髪は乱れており、前髪を額の中心で分けている。また耳が描かれる数少ないキャラクターでもある。声がバターズに似ていることから、声優は九分九厘マット・ストーンだと思われる。

トレイ・パーカーが多くの主要なキャラクターの声を当てている一方でマット・ストーンの担当する主要キャラクターはそれほど多くはないが、一部のファンにとって上記は既知の事実である。トレイが演ずる「舌っ足らずな声」はかなり誇張されており、マットの演技とは異なる。スコットの口調をまねてからかう時のカートマンの声が好例である。
 就寝時のスコットは一般的なデザインのパジャマを着ている。水色しま模様の白パジャマ("Skank Hunt"で登場)か、赤い車柄の水色パジャマである。

スコット・マルキンソンの画像はスコット・マルキンソン/画像を参照のこと

脚注

Advertisement