サウスパーク・アーカイブス Wiki
Advertisement

こちらも参照のこと: ジョン(類似するタイトル)

ジョナサン・シドニー・“ジョン”・マケイン3世(Jonathan Sidney "John" McCain III)はアリゾナ州に属する元連邦上院議員であり、2008年に大統領候補者となった共和党[注 1]所属の政治家である。サウスパークシリーズにおいては、シーズン12のエピソード"About Last Night..."にて初登場した。

2018年8月25日、ガンによりアリゾナ州フェニックスの自宅内で逝去する。享年81歳であった。

背景

"About Last Night..."に登場したマケイン氏は、バラク・オバマ元大統領が率いる窃盗集団の一味であった。彼らは数年かけて犯罪計画を練り上げると、選挙戦でオバマ氏に勝利させることによって国民の気をそらしたのちにホワイトハウスへと侵入している。これによってオバマ氏は、トンネルを伝ってホワイトハウス経由で国立自然史博物館に侵入してホープダイヤモンド[注 2]を盗みだす。
 多くの監視をかいくぐって犯罪を完遂させた後、マケイン氏はサラ・ペイリンやその他の仲間たちとともに余生を謳歌おうかできる場所へと旅立った。

外見

マケイン氏の服装は計4回の変更がなされている。

テレビ中継で選挙戦敗北後に声明を発表した際は、濃灰色のスーツに白いドレスシャツ、黄金色のネクタイを身につけていたが、当選後のオバマ氏と対面した際は、濃灰色のスーツに明るい紫色のドレスシャツの襟を開き、赤いネクタイを締めていた。

さらに窃盗仲間たちと密談する最中には、ボタンと襟を開けた明るい灰色のスーツに白いドレスシャツへと着衣が変更されている。

またホープダイヤモンドの窃盗後に空港へやってきた際には、ボタンと襟の開いた白いスーツと水色のストライプ柄をしたドレスシャツを着用していた。

性格

マケイン氏は非常に知能が高く、バラク・オバマと共謀して厳重な管理下にあるホープダイヤモンドを盗みだすことに成功している。彼らの計画は大統領選開始直後にはすでに遂行中であり、仲間同士でありながら競い合う様を見せることによって国民の目を欺いた。その後、ホワイトハウスへと公的に足を踏み入れることが可能になったオバマ氏が、地下トンネルを使用して国立自然史博物館に侵入する。窃盗集団たちはワシントンD.C.の配電システムに細工をして停電を発生させると、虚偽の爆破警告を発して博物館のセキュリティ・システムを弱体化させることで、やすやすと館内に入り込んでダイヤモンドを盗みだした。

脚注

訳注

訳注

Advertisement