サウスパーク・アーカイブス Wiki
Advertisement
サウスパーク・アーカイブス Wiki
カイル・ブロフロフスキー
画像
別人格


カイル・ブロフロフスキー(Kyle Broflovski)はサウスパークの主役であり、その他スタン・マーシュエリック・カートマンケニー・マコーミックの主役3人とよく行動を共にしている。共同制作者のマット・ストーンによると、ブロフロフスキー家は町で唯一のユダヤ教家族である。このことはカイルの賢さ同様、エピソード内でしばしば言及される。

背景

信仰心

カイルはユダヤ人 である。短編アニメThe Spirit of Christmasの2作目や"Big Gay Al's Big Gay Boat Ride"、さらに"An Elephant Makes Love to a Pigでも言及自体はされていたが、"Mr. Hankey, the Christmas Poo"まで詳細な設定は明かされていなかった。カートマンはユダヤ人をからかいの対象としており、時にカイルに向けて直接侮蔑の言葉を吐きつける。

カイルにとって宗教における認識は単純なものではなく、彼は常に自身や家族の信仰心について疑いの目を向けている。たとえば父のジェラルドはヤルムルケ(※ユダヤ教徒の男性がかぶる帽子)を身につけているが、安息日を過ごす描写もなければ、性について厳格である様子もない。(マット・ストーンの母親であるシーラ・ストーンもユダヤ教であるが、彼女はセファルディム系のユダヤ人だが敬虔な信徒ではないと主張している)
 カイルはしかし、宗教については無関心であるように振る舞っている。これは町の住人や周囲の友人ほとんどがローマ・カトリック教であるために、宗教の違いで疎外されないように努力している故の行動なのかもしれない。
 カイルは保守的であり、ユダヤ教徒である自身に誇りを持っている。ユダヤ人のみが参加可能なボーイ・スカウトを恒例行事としているが、その一方で宗教的歴史や伝統、習慣についての知識が欠如している場面も描写がされている。シーズンを重ねるにつれて知識の乏しさは改善されていったが、原因の一端は彼の両親にあるのではないかと推測もできる。シーラは非常に過保護な母親であり、時に子供の成長を阻害しかねない教育・指導を施している。家族間で宗教についての議論が不足しているために、カイルは年相応の見識を得られていない可能性がある。

脚注

  1. "You Have 0 Friends"でカイルが遊んでいたゲーム画面に誕生日が表示されている
  2. ""South Park" Cartman Gets an Anal Probe (TV episode 1997)". IMDb.com.
Advertisement