サウスパーク・アーカイブス Wiki
Advertisement
エリック・カートマン
画像
別人格
関係性


類似タイトル: エリック(類似するタイトル)

エリック・セオドア・カートマン(Eric Theodore Cartman)は、主役キャラクターの1人である。大抵はカートマンと呼ばれる。スタン・マーシュカイル・ブロフロフスキーケニー・マコーミックらと並び主役を演ずることが多いが、しばしば悪役としても描かれる("Trapper Keeper")。
 他の3人は彼を友人と思っていないようだが、そもそもなぜカートマンと付き合いはじめたのかは不明だ。恐らく近所のよしみから結果的に定着した関係だと思われる。スタンと仲たがいするたびに、カートマンはまずカイルを仲間に引き入れようとする。初期ではケニーがカートマンの親友だったが、後にバターズへと取って代わった模様だ。

主役4人の中で、帽子を外した姿が初めて描かれたキャラクターである("Merry Christmas Charlie Manson!")。体重90ポンドであることが"Weight Gain 4000"で明らかになった。

背景

キャラクター創作の経緯

制作者のトレイ・パーカーマット・ストーンによると、20世紀も後半のテレビ番組でアーチー・バンカー[注 1]のような頑固で保守的なキャラクターを登場させるのは難しいと考えていたという。しかし8、9歳のキャラクターならば許容範囲かもしれないと思い立ち、そのアイデアを元にコロラド州サウスパークの山岳に囲まれた町に住む「エリック・カートマン」という少年が誕生した[2]

カートマンがナチ党およびヒトラーを崇拝していることから、モデルとなった人物はドイツの軍人「エーリヒ・ハルトマン」と思われがちであるが、実のところその名前と性格はマットとトレイの友人であるマット・カープマンが起源である[3]。カープマンは肥満ぎみで背が低く、性格に難があり弁が立つ人物であったという。
 トレイとマットの共通の友人であるジョナサン・コーティは、カートマンという姓は1995年1月29日に行なわれたアメフトの試合観戦中に生み出されたと、当時の様子を回顧している。既に1992年にThe Spirit of Christmas: Jesus vs. Frosty のエピソードが完成していたが、この短編アニメに登場する太った子供の名前が、トレイとマット2人の間でまだしっくりと来ていなかった。
 トレイはただ静かに座り、試合中に野次を飛ばすカープマンと友人らを観察していた。その内の1人が「黙れ、カープマン("Shut up Karpman")」と怒鳴るのを聞くや、トレイは突然「カートマン! あのデブの子供にぴったりの名前だ("Cartman! That’s the perfect name for The Fat Kid.")」と叫んだという。太った子供にふさわしい名前、という点に関してカープマンには異論があったようである[4]

トレイとマットは、登場するキャラクターの中でカートマンを最も気に入っていると繰り返し述べている[5]。カートマンは元々アーチー・バンカーをモデルに創作されたキャラクターだが、Blame Canada: South Park and Contemporary Cultureの著者であるトニ・ジョンソン-ウッズは、テレビ番組The Honeymooners[注 2]に出演した俳優のジャッキー・グリーソンや、アニメ「原始家族フリントストーン[注 3]」の主人公フレッド・フリントストーン[注 4]を模したものであると指摘している[6]

犯罪歴

逮捕歴は7回と少数だが、カートマンはサウスパークにおいて最も犯罪歴が多いキャラクターの1人である。
 しかしながら、人種による憎悪犯罪(トールキン・ブラック)、バターズの誘拐、母親リアンにぬれぎぬを着せる、"Whale Whores"でスタン・マーシュと行動を共にする、ヒッピーを監禁する……など、うちいくつかは誤認逮捕であった事件もある(なお、"Whale Whores"でカートマンが収監されたのは日本国の刑務所だった模様である)。"Time To Get Cereal"では学校銃乱射事件の犯人だと見なされて、カイル、スタン、ケニーともどもハリソン・イェーツに逮捕されるが、この逮捕が架空の怪物と誤認されていたマンベアピッグの存在を証明するきっかけとなる。
 また履歴の一部に計上しているが、"Coon vs. Coon & Friends"のように正式に司法機関を介していない逮捕歴も存在する。スーパーヒーローの仮装をしたカートマンは、クトゥルフと共謀して大量殺人やテロリズムを行なった。そのため、彼と真っ向から対立していたカイル、ケニー、スタン、クライド、トールキン、ティミーはカートマンを拘束する。拘留期間がごく短かったのは、リアンが保釈金を払ったためと、が混迷を極めており、被疑者を継続して拘留する経済的余裕がなかったためと思われる。
 以下、サウスパークシリーズ内におけるカートマンの罪状を列記するが、余罪はさらにあると見てまず間違いない。

  • 殺人:"Butt Out"でロブ・ライナーを刺殺するが、この殺人はライナー主導の集団暴行から身を守るための正当防衛である。しかしながら、のちのエピソードでライナーが再登場したため、罪状は殺人罪ではなく殺人未遂と言うべきである。"I'm a Little Bit Country"で歴史を学ぶために1776年の出来事を夢想したカートマンは、伝言を預かりやってきた使いの青年に苛烈な暴行を働き撲殺する。ただしあくまでこれは夢の中の行為であるため、厳密には殺人罪に該当しない。"Scott Tenorman Must Die"ではテナーマン夫妻(ジャック・テナーマンミセス・テナーマン)を間接的に殺害し、さらには"Poor and Stupid"で大量殺人を犯す。"Wing"では、正当防衛ではあるが中国の暴力団を複数名銃殺した。またエピソード"Pinkeye"では、ケニー殺害の任務を遂行する過程で多くのゾンビたちを不必要に殺害する。さらに"The Last of the Meheecans"では、国境を越えようとするメキシコ人複数名をテーザー銃で感電死させている。
  • 売春:"Cow Days"で脳震盪のうしんとうにより記憶障害に陥ったカートマンは、自身をベトナム人の売春婦「ミン・リー(Ming Lee)」だと思い込む。その後の脚本から思うに、彼はレオナルド・ディカプリオに売春行為を働いたとみえる。"Chickenlover"と"Freak Strike"でも同様に売春婦を装う場面はあるが、ただし実際の違法行為には及んでいない。
  • 器物損壊:"The Death of Eric Cartman"で本人が自供するところでは、とある男性宅の柵を断りなく破壊した模様である。さらに同エピソードで、バターズの寝室内にある家具を野球バットで手当たり次第に破壊し尽くした。"AWESOM-O"では、バターズが所有しているらしきビデオテープ(※カートマンに報復するためにバターズが盗撮をした)を探しだそうとストッチ宅内を荒らし回る。"Toilet Paper"と"The Ring"では、自らが仕掛けたいたずらの冤罪をバターズがこうむったのだが、カートマンは罪悪感を抱くどころか責任を逃れられたことを喜んだ。
  • 故殺:"Timmy 2000"で、リタリンを服用して幻覚症状に陥っていたカートマンが、虫を退治しようとしてフライパンを振るい、結果その調理器具がケニーの頭部に命中する。ケニーは死亡したものの、カートマンは薬物により判断力が著しく欠如していたため、従ってより罪の重い計画的殺人には該当しない。"Helen Keller! The Musical"においても同じく、カートマンは舞台装置でティミーの飼っている七面鳥を事故死させようと計画したが、またも誤ってケニーを殺害する。
  • (殺人)教唆:"Scott Tenorman Must Die"ではテナーマン夫妻の死に直接関わっていないため正犯ではないが、自ら殺人を計画した上で、起こりうる当然の事態(農場主カール・デンキンスが夫妻を銃殺する)を予測しながらあえて対処しなかったため、教唆犯に該当する。"The Tale of Scrotie McBoogerballs"では、ケニーと共謀してサラ・ジェシカ・パーカーを銃殺される状況へと陥れた。結果、彼女は殺害される。なお、殺害の対象者は無差別に選別しており、時に母リアンやカイル、ケニー、スタンなど身近な人間すらも対象となることがある。連続エピソードの"Coon 2: Hindsight、"Mysterion Rises"、"Coon vs. Coon & Friends"でも、クトゥルフを操り私利私欲のためだけに数百人(ヒッピー、ユダヤ教徒サンフランシスコの住人、カナダ人歌手のジャスティン・ビーバーら)を殺害している。"Funnybot"では、ドイツ語を用いてドイツ人を人心操作しようと試みているが、失敗に終わったため殺人未遂となる。"Tsst"では、ビリー・ターナーという男子生徒を誘拐したあと、彼の足首を校内にある国旗の掲揚柱に手錠でつなぎ、足首を切り落とすことで生存するか、死を選ぶかという非人道的な選択を強いた。なお、この脅迫内容自体は映画「ソウ[注 5]」の模倣である。カートマンはビリーが昼食で飲む牛乳に毒を混入した上で掲揚柱につなぎ、足首をチェーンソーで切り落とせば解毒剤を渡すと不条理な条件を提示した。
  • 自殺の強要:怒りの感情を抑制するためにカウンセリングを受けたカートマンは、診察にあたった医師の妻に複数回に渡ってEメールを送信する。メールで強要された妻は実際に自殺を図り死亡したが、カートマンがなぜかかりつけ医でもない男性の妻と連絡を取れたのか、どこから連絡先を入手可能であったのかは一切描写されていない。"Coon vs. Coon & Friends"ではケニー、スタン、カイル、ティミー、クライド、トールキンを次元の異なる世界へ飛ばし、そこから抜け出すためにはケニーが自殺をしなければならないという事態に陥る。さらに"Bass to Mouth"では、ジェニー・サイモンズという女生徒に強力な下剤を混入したカップケーキを食べさせて、授業中に便失禁させる。その後ジェニーは自殺を図ったが失敗して、骨盤を骨折して病院に搬送される。ジェニーの事件以前にも、生徒が便失禁するという事件があった。かなり大量の便が漏れたために両親が替えの衣類を学校に持参する必要があった、という当事者にしか知り得ない情報が裏サイトで違法に公開されるが、通常子供に起こり得る便失禁では考えにくい量であり不自然であるため、下剤の投与がどこかしらであった可能性は否定できない。なお、その生徒もジェニー同様に自殺行為に及ぼうとしていたようだが、最終的には思いとどまっている。"Bass to Mouth"にも、カートマンは生徒が便失禁した事件に関与しており、また特定の組織に入会するための儀式と称して生徒に自殺を強要している。
  • 動物虐待:ペットのが食べ物をねだるたびに、カートマンはしつけと称してしかりつけ、虐待を働く。"Douche and Turd"では、ケニーのペットである猫の足を折り、"Cherokee Hair Tampons"では、自身が飼うが眠りを妨げたとしてひどく殴りつけた。
  • 殺人未遂:"Toilet Paper"ではカイル、スタン、ケニーの殺害計画を立てている。内容は野球バットで撲殺するというものだが、カートマンの腕力は低く、とうてい実現不可能な計画であった。"Cartoon Wars Part II"ではフォックス放送局[注 6]に放火を試みた上に職員を銃殺しようとしたが、銃弾が装填されていないことに気付かなかったため、未遂に終わる。"Tsst"では、ドッグ・トレーナーのシーザー・ミランからの抑圧(しつけ)に我慢がならず、彼を雇った母リアンの殺害計画を立てる。"The Last of the Meheecans"では、アメリカ合衆国メキシコ合衆国間の国境を越えようとしたバターズを殺害しようとする。
  • 殺人未遂(虐殺):"The Passion of the Jew"ではユダヤ教徒の虐殺を計画する。"Ginger Kids"では赤毛遺伝子を持つ子供たちを「ジンジャー」と呼んで差別行為に及んでいたが、自らが赤毛遺伝子を持つと思い込んだ際は、赤毛集団を統率して他の人間を排除しようとする。"Coon 2: Hindsight"、"Mysterion Rises"、"Coon vs. Coon & Friends"では、クトゥルフを操ってユダヤ教の会堂を破壊して、信者を社会から排斥しようとする。
  • 食人(の強要):"Scott Tenorman Must Die"で農場主を唆して間接的な殺人を犯したカートマンは、射殺された夫婦の死体をチリコンカーン[注 7]に混入して、息子のスコット・テナーマンに食べさせている。ただし、スコットはあくまで祭りの催しとして提供された料理だと思い込んでいたことから、カートマンが食人の強制をした描写は一見して描かれていない。"A Ladder to Heaven"では、ケニーの遺灰を誤ってチョコレートミルクに混入し、飲用する。その後、カートマンの体内にはケニーの魂が混在するようになる。
  • 暴行:生徒間との小競り合いは大半が単なる「けんか」の範囲内だが、それでもいくつかは犯罪行為に該当する。"Casa Bonita"では、友人のジミー・ヴァルマーを予告もなく殴打している。ジミーの了解なく、彼の身体的障害を考慮しない暴力は犯罪行為に十分なり得る。"The Coon"では、鋭くとがったまがい物の爪をつけた手で、見知らぬ女性と男性の顔を引っかいた。女性は悲鳴を上げてその場から逃走したが、カートマンは彼女を性的暴行から救出したと思い込んだ。"Coon 2: Hindsight"では特段理由もなくミントベリークランチを殴打し、モスキートの顔をまがい物の金属爪で傷つける。"Mysterion Rises"では、空港内で出会った見知らぬ少女がミントベリークランチの話題を出したという理由のみで引っかき攻撃をする。さらにピップやトールキンに石を投げつけて腕の骨を折るというエピソードもある。ただし、石を投げた相手にアフリカ系アメリカ人のトールキンも含まれていたため、カートマンは憎悪犯罪者として刑務所に収監される。
  • 密輸/密売:"Medicinal Fried Chicken"で、ケンタッキーフライドチキンの鶏肉を密輸・密売する。ただし、当企業の商品は現実には合法であり、またエピソード内で違法となったのもごく一部の地域のみであるため、厳密には犯罪行為に該当しない。
  • 違法薬物所持:"Crack Baby Athletic Association"にて、カートマンは幼児期コカイン症候群の幼児にコカインを接種させるだけでなく、コカイン粉末の入った袋で幼児たちを遊ばせて、その様子を撮った動画をインターネット上に公開する。さらに、薬物依存症の妊婦にコカインを渡し、コカインベビーを生みだそうとする。なお、彼が所持していた薬物は、"Jakovasaurs"で男性2人と性交渉をしていた女性から入手したものと思われる。
  • 窃盗/司法妨害バーブラディ巡査が検証中の事件現場から、テナーマン夫妻の遺体を運びだす。"About Last Night..."では、酒場に外出中の町民宅に侵入し、テレビジョンを盗みだす。
  • 武装強盗:"Two Days Before the Day After Tomorrow"で、カイルに銃口を向けて金銭を要求する。カイルは偽のを渡すふりをした後、火事により高温になっていた下階に袋ごと金貨を放り投げてカートマンの気をそらし、その隙に逃走する。"Go God Go XII"でカートマンは、さまざまな時間次元の人間と通話ができる電話の盗難計画を立てる。電話があまりにも高価であるという理由のみで2人の子供を特殊な銃で拘束し、彼ら所有の電話を強奪する。
  • 銃器法違反/脅迫:未登録のグロック社製[注 8]ピストルを使用して、"Cartoon Wars Part II"など複数のエピソードで強迫行為を繰り返す。銃器の入手先は明言されていないが、恐らく"Wing"で中国の暴力団と銃撃戦をする際に手に入れたものと思われる。さらに"Pre-School"では、トレント・ボイエットから身を守るためという名目で母リアンからテイザー銃を盗みだす。
  • 放火:"Pre-School"で、カートマンと主役たちはトレント・ボイエットを唆して放火を実行させる。主役たちは自身の尿で消火を試みたが失敗し、火は燃え広がった。"Butt Out"では、隠れて喫煙をしていた主役たちによって小学校が全焼する。主役たちはマッケイ先生に喫煙の現場を取り押さえられたくないばかりにタバコを遺棄し、結果タバコから引火して火事を招く。ただし、故意ではないため厳密には放火に該当しない。"1%"でも同様に放火を犯しているが、火を放ったのは自分自身の部屋であり、また彼は夢遊病にかかっていたため、罪に対する自覚があったかは多分に疑わしい。彼は今まで大切にしていたぬいぐるみたちを残虐で奇怪な手段で破壊することで精神的な成長を遂げようとする。その過程で周囲の家具などに引火し、火事を引き起こした。

関係性

クライド・ドノヴァン

"Cartman's Silly Hate Crime 2000"以降、クライドはカートマンの人格を尊重するようになる。というのも、彼がいなければクライドはもっとも太った子供扱いされてしまうからである。クライドがカートマンを支持するたびに(一例として"Marjorine"のエピソード)、周囲は驚きを隠せない様子である。他にも"Fatbeard"でカートマンの海賊グループに参加するなど、カートマンが何かしらの抗議活動として集団を形成する際には毎回のように参加を表明している。加えて"You Have 0 Friends"では自身の誕生日パーティーにカートマンを招待していた。
 クライドからの好意が一方的ではないということを示すエピソードもある。"The New Terrance and Phillip Movie Trailer"でテレンス&フィリップのテレビコマーシャルを見た後に、カートマンはすぐさまクライドに電話を掛けて、もう1度同じCMを見るためにドノヴァン宅へと向かった。さらにYou Have 0 Friendsでは、フェイスブックでクライドに友達申請を送るようにと周囲に呼び掛けている。
 しかしながら、"Make Love, Not Warcraft"におけるクライドは、カートマンの統率するグループへの参加を拒否している。オンラインゲームで迷惑行為を繰り返すプレーヤーを倒すために他の生徒たちが協力するなかで、クライドは雑誌PLAYBOYの官能的な見開きページに目を奪われて、ゲームを放棄していた。一方のカートマンも、自身の娯楽のため("Red Sleigh Down"ではトールキンを喜ばせるため)にクライドの陰のうにパチンコ玉をぶつけるいたずらを仕掛けている。"Skank Hunt"でクライドはカートマンをSkankhunt42と思い込んだ結果、スタン、カイル、バターズ、ジミー、クレイグ、トールキンと手を組んでカートマンの電子機器をすべて破壊した。

カートマンがクライドへの敵意を顕著に示したエピソードも存在する。"The Fractured But Whole"においてカートマンは、自身の「嫌いなやつリスト("Shit List")」にクライドを含む複数人の名前を記入している。

脚注

出典

  1. ""South Park" Cartman Gets an Anal Probe (TV Episode 1997)". IMDb.com.
  2. "Matt Stone and Trey Parker with Larry Divney". firstamendmentcenter.org (2002年3月1日).
  3. "South Park Studios FAQ". web.archive.org (2003年1月28日).
  4. "Karpman Family Fundraiser".
  5. "Eric Cartman: America's Favorite Little $@#&*%". npr.org (2008年4月5日).
  6. "Eric Cartman: America's Favorite Little $@#&*%". npr.org (2008年4月5日).

訳注

  1. "Archie Bunker" (言語:en). Wikipedia.
  2. "The Honeymooners" (言語:en). Wikipedia.
  3. "原始家族フリントストーン". Wikipedia.
  4. "Fred Flintstone" (言語:en). Wikipedia.
  5. "ソウ (フランチャイズ)". Wikipedia.
  6. "フォックス放送". Wikipedia.
  7. "チリコンカーン". Wikipedia.
  8. "グロック". Wikipedia.
Advertisement